2012年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★ありがとう★

ちょっと落ち着いたので、ちょっとご報告。。。

12月22日(土)、ミルパパが享年63才でお星様になりました。

昨年の12月に肺癌が見つかりましたが、
既にリンパ節にも転移しており手術・放射線治療は不可能で末期でした。

9月下旬の南アルプス大会には、呼吸がキツイ中、
山梨はミルパパの会社の工場もあり大好きな会場なので、頑張って観に来て楽しんでいました。

翌週末にはnewミルキー号の車中泊用のコンパネ板を作成してくれました。
しかし、この時も実はなかりの呼吸困難。。。
何度病院へ行こうと促しても、入院になるのが嫌だったみたいで拒み続けました。

新薬の抗がん剤を使用し、半分の大きさまでに減少したのですが、
そんない良い事は続かず、また今年の10月に効き目がなくなり、悪化し入院しました。

今までとは違う抗がん剤を投与しましたが、癌の進行が速すぎて、
キツイ副作用に苦しめらるばかりで、効果が出ないし、間質性肺炎にかかり退院の目処がなくなる。

この大変でどうなるかわからない時に、敗者復活戦どころではないと思った・・・

いざという時に遠征していては後悔するかもしれない・・・

敗者復活戦は行くの止めるねとミルパパに伝えると、
「どうして行かないの?20戦クリアしたからでれるんでしょ?」と病床で言われ・・・

どうしよう・・・

今までディスクドッグとして、
結果の残せないミルキーとのプレーを一番応援してくれていたのは実はミルパパなんです。

色んなディスク団体のスケジュールを私よりも把握していたし・・・

どこで覚えたのか携帯で速報の見方も知っていて、
参戦している時はかなり見ていたよ~と、ミルママから知らされ・・・

敗者復活戦の会場はつくばなので、なんとかすぐに帰れる距離。
車中泊せずに毎日往復出来る距離。

と言う事で、かなり悩みましたが参戦する事を決めました。 

練習しまくって・・・
写真 (19)

仲間からはミルパパが病床でもミルキーの動画を観れる様にiPad貸してもらったり・・・
写真 (18)

病院には毎日ミルキーも一緒に車で行って何時間もバリ待機で・・・
全然吠えずにおりこうさんにしてくれたね。

病院の裏の大学のツリーで写真撮って送ってあげたり・・・
写真 (17)

入院棟の真下のエントランスで写真撮ったり・・・
写真 (16)

りんれく家をはじめ、他にも大会仲間が病院にお見舞いに来てくれて・・・
山梨から来てくれてありがとう♪
写真 (8)

私は最後の1週間仕事を休み、病院へ行く時間が増え、
それと共に、ミルキーはお留守番の時間が増え、ちょっと精神的に不安定に・・・

ミルパパの亡くなる3日前には、夜遅くに家族で病院から帰宅すると、
家の中3ヶ所に胃液を吐いてあり、その後もちょっと泡を吹いてしまったり・・・
写真 (4)

葬儀の日は、バデラス家にお泊まり。
お迎えに来てくれてありがとう、助かりました。
写真 (7)

これは、バデラス家がfacebookにミルキーの様子をUPしてくれたの。
写真 (14)

最初の1時間は家中の窓という窓から脱走を試みていたらしい。。。
でも無理だと分かり、ワンズ達と遊んだり、寝たりとおりこうさんに過ごしていたんだって♪
そして、あのミルキーが1度も吠えずにいい子にしていたんだって、私も聞いてビックリ!!!
写真 (15)

式が無事に終わり、ミルママとお迎えに~。
それはそれは吠えて大喜びだったね♪
ミルキー、お泊まりよく頑張りました。

そしてバデラス家の皆様、お世話になりありがとうございました。
葬儀に来てくれた方々も本当にありがとうございました。
メール下さってミルキーの事を心配して下さった方々も本当にありがとうございました。

ミルパパはミルキーのお友達、仲間、先輩に見守られ喜んでいると思います。
写真 (3)

クリスマスの日には、ミルパパが好きだったケーキ屋へ行って、
クリスマスケーキを買ってきて、ミルキーにも苺をあげて一緒に食べました♪
写真

一番の心残りはジャパンファイナル・・・

記念大会に行くか行かないか相当悩みまいた。。。
距離が距離だし、風邪でダメにした声も治らない・・・
仕事も4連休取ってあったけど、前日まで悩み、泣く泣くあきらめました。

きっと来年もまだミルパパは頑張っていてくれる・・・
心のどこかでそう思っていて、来年一緒に新潟連れて行ってあげればいいかなと。。。

その判断が間違いでした。

ファイナルの聖地で、
ミルキーが走っている姿を動画でもいいから見せてあげれば良かった・・・

今までダメダメなミルキーチームを、
どんな時でも一番応援してくれていたミルパパへの選択を間違えました。

それと、最後にミルキーに会わせてあげるチャンスを、
病棟の看護婦さん達から提案されていたのに踏み切れなかったこと。。。

余命を言われた日に看護婦さんに呼ばれ、言われました。
「ベッドで寝たままみんなで連れて行くので、
地下の駐車場にミルキーちゃんを連れて来て会わせてあげませんか?」

大体一緒に車で行っていたので、いつでも実行は出来るけど・・・
でも、そんな事したら色々とミルパパが悟ると思い、家族で踏み切れませんでした。

そんなことしているうちに、この様な結果に。。。

ミルキー、パパに会わせてあげられなくてごめんね。。。
でも、病室にはミルキーの写真でいっぱいだったので、喜んでくれたかな??

病院から帰って来たミルパパを見て、
ミルキーは尻尾ルンルンで大喜びでキュンキュンしてました。

実は大きな発作が2回あり、ミルキーはその直後に反応していたんです。

1回目は朝3:30に発作があった時は、
ミルキーが5:15に急に私を手で引っ切り無しに起こしてきました。
その30分後にミルパパから電話があり、発作で苦しんだと。。。

2回目は、最期の日のミル妹からすぐに来て!の電話の30分前。
ミルパパの部屋に向かってワンワンとむきになって吠えまくって止めなかったんです。

あとあと考えれば、ミルキーは色々教えてくれてたんですね。
わんこはやはり、不思議なパワーを持っていると実感。

ミルパパが色々探しまくって我が家の子になったミルキー♪

ミルパパの分も愛情を沢山注いで、一緒に楽しい毎日を過ごしていこうねっ♪
スポンサーサイト

| 今日のミルポン | 01:00 | comments:28 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。